商売ベネフィットや利益などについて演習しました

得などについて実践しました。組合は事業によって得た得から税をおさめます。その税によって私たちの世間は整備され、より便利になり暮らしが向上します。得の内は組合の貸付やつにシェアされ、これを受け取った者は、再び大きな得を引き起こしそうな事業に貸付し、目新しい事業を育てます。こうして、事業は拡大します。組合は得をためておいて、これをますます良し新ものやプレゼントの発達に使ったり、皆さんが探し回る目新しい原野の事業をおこし、人々の希望にこたえます。このように、どの事業も私たちの暮らしを豊かにする使途を有するわけですから、事業について学習することは、どうしても大切なのです。あと、インターナショナル化についてもちょっと実践しました。インターナショナル化という発言は、各種意に使われますが事業とのシリーズでいうと、事業が地球全体の拡がりをもって浴びることを意味します。つまり、給料などが国境をこえて地球上のどちらにおいても自由に行き来する症状をいいます。得などについて実践できて良かったです。http://xn--0-kq6as36gwssqoa.xyz/